ガーデニング路線の変更

親の趣味が農業だった事もあり、小さいころから土いじりの楽しさをしる環境に育ちました。
母が花も好きだったので、どのシーズンも色とりどりの花がある家でもありました。
小さいころからそのようだったので、自分も家を買って、母になったら庭をお花いっぱいにしよう!緑の絶えない家にしよう!と考えていました。

結婚して3年、仕事も頑張り念願の一戸建てを購入。
ガーデニングがしたかったので、庭も十分の広さを取り、芝生も貼りました。
週末になると、草取りをしたり、お花の手入れをしたり、念願の生活だったと思います。
しかし、子供が生まれるとその状況が変わりました。
ガーデニング以上に育児に熱中(当たり前ですが)。
ガーデニングに時間をかける事が出来なくなったのです。
芝生はとても気持ち良いのですが、草取りに時間がかかります。
いったん雑草が生えてしまうと、メンテナンスも難しく、泣く泣く芝生を剥ぐ事にしました。

また、お花を愛でる時間が減ってしまい、手を掛けない為立派に咲かない花たちに申し訳なく思っていました。
そこで、これまでのガーデニングの方法は諦め、子供と楽しめるガーデニング方式に変更を決意!花は一年草に限定し、子供と種まき、水やりを楽しめるプランターガーデニングに変更。
また、バラや、桜の代わりに、果樹を植え子供と世話と収穫を楽しめるようにしました。
一人で庭に出る時間が限られていて、イライラしていたガーデニング生活が一変。
子供と楽しむガーデニングになったのです。

ガーデニングは楽しむの、私だけでない楽しみ方を発見し、また一つ庭いじりの奥深さをしったのでした。