はじめての収穫は緑のトマト

今年から庭先にトマトを植えてみました。
もともとガーデニングは大好きで、おもに花や木を植えて鑑賞して楽しんでいました。
実のなるものも植えていましたが、カラスうりとか、ハナリンゴなどが主で、せいぜいブルーベリーが食べられるくらいでした。
ブルーベリーはそんなに手もかからず、苗の状態で買って来て植えてるだけ、という感じで、ほとんど手をかけてないのですが、毎年結構な実がなってジャムを作ったりしていました。

今年はちょっとチャレンジして、春先にトマトの苗を買ってきたので植えています。
今はインターネットで調べられるので、育て方を調べて、晴れた日には脇芽を取るだとか、肥料は多めにとか工夫してるつもりですが、自然には勝てません。
今年は梅雨が早くやってきたので、トマトの実はなるのですがずっと青いまま。

スーパーなどで売られているものにも時々青いままのものがあります。
全国的に天候のせいで赤くならないのかも知れません。追肥したり、周りにあった棚をどかして風遠しをよくしてみましたが、改善しませんでしたのでそのまま収穫となりました。
今までは花をきれいに咲かせる事しか考えていませんでしたが、美味しく食べられる実をつけさせようと思うと、意外に肥料などでお金もかかるし、天候も気にしてあげないといけないしで結構手間がかかります。

それでもその手間の分、いくら青くても採れたトマトは可愛いので細切りにしてサラダに和えて食べました。これからはその年の天候なども気にかけながら庭で作るものを選んでみたいと思います。